公演・イベント情報 公演・イベント一覧へ

2019年11月9日(土) 主催公演

世界を舞台に活躍する人気ジャズ・ピアニスト、彦根へ! 山中千尋DUOコンサート

世界を舞台に活躍する人気ジャズ・ピアニスト、彦根へ! 山中千尋DUOコンサート

日本ゴールドディスク大賞、日本ジャズ・ディスク大賞はじめ、権威ある賞を総なめにし、名門米バークリー音楽院を主席卒業。
日本人初、デッカ・レコードと契約し全米デビューを果たした天才ジャズピアニスト山中千尋が、ひこね市文化プラザに登場します。
 
出演:山中千尋(Piano)、山本裕之 (Bass)
 
 

チケット発売中

  • 公演概要
  • チケット情報
  • 出演者プロフィール
  • 託児サービス
  • 公演概要

    公演日2019年11月9日(土)
    時間

    開場 16:30 / 開演 17:00

    料金

    【全席指定/税込】

     ひこね市文化プラザ友の会 一般:3,800円 高校生以下 2,300円
     一般           一般:4,000円 高校生以下 2,500円

    会場エコーホール
    補足

    ※未就学児は入場いただけません。託児サービスがあります。(有料/要予約)

    ※高校生以下のチケットはひこね市文化プラザ窓口のみの取扱い。ご利用の際は、身分証明書のご提示をお願いします。

    主催ひこね市文化プラザ(指定管理者:株式会社ケイミックスパブリックビジネス)
    後援

    彦根市 / 彦根市教育委員会 / 彦根商工会議所 /  彦根商店街連盟

  • チケット情報

    チケット発売日

    ひこね市文化プラザ友の会: 8月17日(土)9:00~

    一般          : 8月24日(土)9:00~

    ※ひこね市文化プラザチケットセンターでの発売初日は、電話予約・WEB予約のみ。

     窓口引取・販売は、翌開館日以降となります。

    料金

    【全席指定/税込】

     ひこね市文化プラザ友の会 一般:3,800円 高校生以下 2,300円
     一般           一般:4,000円 高校生以下 2,500円

    チケット取り扱い

    ひこね市文化プラザチケットセンター

    (月曜休館・月曜日が祝日の場合は、翌日)

    TEL:0749-27-5200

    ビバシティ平和堂

    くらしのサービスセンター(10:00~)

    TEL:0749-27-5585

    平和堂アルプラザ彦根

    くらしのサービスセンター(9:30~)

    TEL:0749-24-4196

    平和堂アルプラザ長浜

    サービスセンター(10:00~)

    TEL:0749-65-7720

    米原市民交流プラザ・ルッチプラザ

    TEL:0749-55-7150

    愛荘町ハーティーセンター秦荘

    TEL:0749-37-4110

    みずほ文化センター TEL:0749-43-8111

    チケットぴあ [Pコード:161-556]

    TEL:0570-02-9999

    オンラインチケットの購入はこちら

  • 出演者プロフィール

    山中千尋
    山中千尋山中千尋

    ピアニスト/作曲家/アレンジャー/プロデューサー

     

    桐朋女子高校音楽科、桐朋学園大学音楽学部演奏学科(ピアノ専攻)を経て米国バークリー音楽大学に留学。在学中より幾多の賞を受賞し、数多くの有名アーティストと共演を重ねる。

    バークリー音楽大学を首席で卒業後、2001年10月にジャズピアノの名門レーベル「澤野工房」から第一作『Living Without Friday』を発表、直後に大手CDショップのジャズ・チャートで一躍トップセールスをマークし、新人としては異例のデビューをかざる。

    同時期から文化庁派遣芸術家在外研修員として一年間、アメリカでさらに研鑚を重ね、2002年12月にニューヨークの若手トップミュージシャンを従えた第二作『When October Goes』をリリース。ジャズ・チャート初登場第1位となり聴衆から絶賛を受ける。

    日本でのライブ活動も本格化し、2003年初頭に行なった「山中千尋 ニューヨーク・トリオ ツアー2003」の模様を伝えたTVドキュメンタリ「情熱大陸」(MBS系)ではその国際的な活動をさらに広く知らしめることとなった。

    2003年8月には上記ツアーの大阪公演を完全収録したライブDVD『Leaning Forward』を発表、その演奏と映像のクオリティの高さから、ジャズにおける映像作品の新しいすがたを提示、ポップスを含む全ジャンルのDVDチャートでベストテン内に初登場ランクインした。

    ニューヨークを中心に世界各地で活動を続け、2004年1月には米NBCラジオ、カーネギーホールへ出演、5月には1年半ぶりとなる新作CD『Madrigal』を発表。

    2005年1月にユニバーサル クラシックス&ジャズと契約。
    8月に「情熱大陸 Special Live」(大阪公演)、「東京JAZZ2005」に出演、9月に待望のヴァーヴ移籍第1作『Outside by the Swing』を発表。オリコンデイリーアルバムチャート(邦楽・洋楽全ジャンル)で初登場20位、各ジャズ・チャートでは前作・前々作同様初登場第1位をかざる。10月からアルバム発売ツアーとして、「ツアー2005~”Outside by the Swing”」を全国各地で開催。

    2006年9月、ヴァーヴ移籍第2作となる『LACH DOCH MAL』をリリース、2007年4月発表のスイングジャーナル誌「第57回日本ジャズメン読者人気投票」<アルバム・オブ・ザ・イヤー>部門で第1位を獲得。

    2007年8月にヴァーヴでの3作目『Abyss』を発表、iTunes Store、HMV、タワーレコード、アマゾン他各種のジャズ・チャートで第1位。
    10月にはヴァーヴから初のライブDVD作品『Live In Tokyo』をリリース(同年6月のツアー最終日を収録)、各ジャズ・チャートでの第1位はもとより、オリコンの全ジャンルDVDチャートで初登場第7位となる。
    11月中旬より、「山中千尋 ニューヨーク・トリオ ツアー2007 ”Abyss”」をイタリア~イギリス~ドイツ~日本で敢行。

    2008年1月に『Abyss』がスイングジャーナル誌ジャズディスク大賞「日本ジャズ賞」を受賞。4月には同誌「第58回日本ジャズメン読者人気投票」<アルバム・オブ・ザ・イヤー>部門で2年連続第1位となる。
    2月にピアノ~ギター~ベースによるドラムレス・トリオで故オスカー・ピーターソンに捧げた『After Hours』をリリース、9月には最新作となる『Bravogue』を発表。両作品ともジャズ・チャート初登場第1位。

    2009年3月、『After Hours』が「第23回 日本ゴールドディスク大賞 <ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー>」を受賞。同月に『Abyss』がヨーロッパでもリリースされ、オーストリア、ドイツ、フランス、イタリアでライブ・ツアーを行なう。
    5月から6月には、ニューヨークのトップ・ピアニスト10人の共演で開催される「富士通スペシャル 100 GOLD FINGERS」に参加。
    10月に、今年生誕100周年を迎えるベニー・グッドマンへのトリビュート作『Runnin’ Wild』を発表。Amazon、タワーレコード、HMV、ビルボードジャパンなどの各ジャズ・チャートで第1位を獲得。また、群馬交響楽団の公演にて、「ラプソディ・イン・ブルー」を共演した。

    2010年は2月のロシア~ヨーロッパ・ツアーをはじめ、ニューヨーク、日本と世界各地でライブ活動を展開。9月には「東京JAZZ2010」においてテリ・リン・キャリントンの「モザイク・プロジェクト」にスペシャル・ゲストとして参加、またピアノ・トリオ作品としては2年ぶりとなる新作『Forever Begins』を発表する。アルバムの発売を受け、10月にはヨーロッパ、11月末からは日本でコンサートツアーを開催。

    デビュー10周年となる2011年は、年初からソロ・ピアノによるコンサートをはじめ、オーケストラとの共演やアメリカ・ヨーロッパでのライブツアーなど各種プロジェクトが目白押しで、5月には米Deccaレーベル初の日本人アーティストとして『Forever Begins』が全米発売。リリース記念ライブをニューヨーク「Iridium」で開催。7月にはイタリアの「ウンブリア・ジャズ・フェスティバル」にてハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター、マーカス・ミラーらによるスペシャル・グループのオープニング・アクトを務める。8月には新作CD『レミニセンス』を発表、「第1回 NISSAN PRESENTS JAZZJAPAN AWARD 2011 ”アルバム・オブ・ザ・イヤー”」を受賞。

    2015年9月からは母校である米ボストンのバークリー音楽大学にて、助教授として後進の指導を開始している。

    2016年にデビュー15周年を迎え、Blue Noteレーベルから3作目のオリジナルアルバム『Guilty Pleasure』の発売記念ツアーを全国で行い成功を収めた。今年4月には名門ジャズクラブのロンドンのロニー・スコット、パリのニュー・モーニング、ミラノのブルーノート、ワシントンのブルースアレイに出演。それらの公演ではいずれもソールド・アウトとなるほどの評判を博し、英国ガーディアン紙のジャズレビューでも激賞される。8月にはNHK交響楽団と共演。また、米リンカーンセンターでのジェームス・P・ジョンソン・トリビュート記念コンサートにイーサン・アイバーソン、エリック・ルイスらと ともにソロで出演。

    山本裕之
    山本裕之山本裕之

    ベーシスト

     

    1985年5月31日、ピアノ調律師の次男として山口県で産まれ育つ。幼少の頃よりピアノを習う。
    その後両親の影響で少しずつジャズやソウルに興味を持ち、ベースを始める。高校卒業後ピアノ調律師を継ぐかベーシストの道を迷うが自分の体にフィットしたベーシストの道へ進むことを決める。

    18歳から東京に拠点を移しAN music schoolに入学する。
    在学中から様々なセッションやライブを経験する。
    (共演者は中村誠一、直居隆雄、岩見和彦fromナニワエキスプレス、中路英明、大槻カルタ英宣、類家心平、寺屋ナオ、矢野沙織)

    2017年より世界的なジャズピアニスト山中千尋の国内ツアーや、国際フォーラム、ビルボードなどで行われたライブに参加している。NHK総合「あさイチ」、テレビ朝日「題名のない音楽会」に山中千尋Trioで出演する。

    サポートベーシストとしては、平方元基、結城安浩(ESCOLTA)、朝丘雪路、高橋ちか、荒山リクfromのあのわ、阿部海太郎、井手麻理子、hiro-a-key、佐々木秀実、浜田マロンなどのライブサポート、ツアー、レコーディングを経験する。

  • 託児サービス

    公演中、入場いただけない小さなお子様向けに託児サービスを実施しております。

    対象 未就学児のお子様(お一人様:1,000円)
    対応時間 開始 16:00/終了 終講の15分後
     申込締切

    2019年10月30日(水)

    お支払い方法

    託児料金は申込締切日までに、以下のいずれかの方法でお支払いください。

    ①窓口にて現金支払い
    ②現金書留
    ③振込
    ※申込締切日後のキャンセルは返金いたしかねますので、予めご了承ください。

    ※②③の支払いの際に発生する各種手数料はお客様ご負担となります。

    当日のお持物

    飲み物(お茶など)、おやつ(お菓子・おにぎり・パン等)、オムツお尻拭きお着替え(1組)、時間帯によってはお弁当

    その他、託児に必要と思われるもの(ミルク、おしゃぶり、安定するお気に入りのおもちゃなど)をすべてのものにご記名の上、お持ちください

    その他

    ・当日、視診して高熱がある場合、伝染病の疑いのあるお子様はお預かりが出来かねますので、予めご了承ください。

    お問合せ・申込先  ひこね市文化プラザチケットセンターTEL:0749-27-5200

お問い合わせ

ひこね市文化プラザチケットセンター
 TEL:0749-27-5200 

ひこね市文化プラザ

 〒522 - 0055 
滋賀県彦根市野瀬町187-4
交通アクセス
 TEL.0749-26-8601 
FAX.0749-26-8602

お問い合わせ