公演・イベント情報 公演・イベント一覧へ

2019年3月2日(土) 主催公演

ひこね市民大学講座 芸術学部 老いと演劇
~認知症の人と“いまここ”を共に楽しむ関わり~

ひこね市民大学講座 芸術学部 老いと演劇
~認知症の人と“いまここ”を共に楽しむ関わり~

演劇で介護現場を楽しく豊かにする活動を続け、NHK(Eテレ)「こころの時代」や「文藝春秋」に取り上げられるなど、今注目の俳優で介護福祉士の菅原直樹の講演会です。

 

講師:菅原直樹(俳優/介護福祉士/老いと演劇「OiBokkeShi」主宰)

認知症になると、物忘れや勘違いが増え、何かをするのに時間がかかり、ときに失敗をしてしまう…。しかし、それは認知症になったら必ず生じる中核症状が原因です。

介護者に求められるのは、ぼけを正すことではなく、ぼけを受け入れることなのではないでしょうか。たとえ現実ではありえないことでも、相手のストーリーを引き受けて“演じる”。「老い」「ぼけ」「死」を芸術文化の価値観で捉え直し、介護が本来持っていた「創造性」を取り戻す。

岡山を拠点に活動する劇団、OiBokkeShiの活動を通して、明るい超高齢社会の在り方を考えます。

 

関連企画:「老いと演劇のワークショップ」

認知症の人と介護者を交互に演じて、言動を否定されたときの認知症の人の気持ちや、認知症の人の言動を受け入れるコミュニケーションを疑似体験します。演劇・介護経験のない方でも気軽に楽しめます。

※詳細は下記の「関連企画」のページをご覧ください。

チケット発売中

  • 公演概要
  • チケット情報
  • 出演者プロフィール
  • 関連企画
  • 託児サービス
  • 公演概要

    公演日2019年3月2日(土)
    時間

    開場 13:30 / 開講 14:00

    料金

    【全席自由/税込】

    一般:500円

    友の会:450円

    高齢者・障がい者:100円

    会場メッセホール
    補足

    ※未就学児は入場いただけません。託児サービスがあります。(有料・要予約)

    ※高齢者(65歳以上)・障がい者のチケットは、ひこね市文化プラザ窓口のみのお取扱いとなります。ご利用の際は、身分証明書等のご提示をお願いします。

    主催ひこね市文化プラザ(指定管理者:株式会社ケイミックスパブリックビジネス)
    後援

    彦根市 / 彦根市教育委員会 / 彦根商工会議所 / 彦根商店街連盟 / 彦根愛知犬上介護保険事業者協議会

  • チケット情報

    チケット発売日

    一般発売日:11月25日(日)9:00~

    料金

    【全席自由/税込】

    一般:500円

    友の会:450円

    高齢者・障がい者:100円

    ご注意

    ※発売日初日は電話/インターネットでの予約の受付のみ。
     ひこね市文化プラザチケットセンター窓口でのお引き取りは翌日以降

    ※未就学児は入場いただけません。託児サービスがあります。(有料・要予約)

    ※高齢者(65歳以上)・障がい者のチケットは、ひこね市文化プラザ窓口のみのお取扱いとなります。ご利用の際は、身分証明書等のご提示をお願いします。

    チケット取り扱い

    ひこね市文化プラザチケットセンター

    (月曜休館・月曜日が祝日の場合は、翌日)

    TEL:0749-27-5200

    ビバシティ平和堂

    くらしのサービスセンター(10:00~)

    TEL:0749-27-5585

    平和堂アルプラザ彦根

    くらしのサービスセンター(9:30~)

    TEL:0749-24-4196

    平和堂アルプラザ長浜

    サービスセンター(10:00~)

    TEL:0749-65-7720

    滋賀県立文化産業交流会館

    TEL:0749-52-5111

    栗東芸術文化会館さきら

    TEL:077-551-1455

    オンラインチケットの購入はこちら

  • 出演者プロフィール

    菅原直樹(すがわらなおき)
    菅原直樹(すがわらなおき)

    1983年栃木県宇都宮生まれ。劇作家、演出家、俳優、介護福祉士。老いと演劇「OiBokkeShi」主宰。桜美林大学文学部総合文化学科卒業。平田オリザが主宰する青年団に俳優として所属。小劇場を中心に前田司郎、松井周、多田淳之介、柴幸男、神里雄大の作品などに出演する。2010年より特別養護老人ホームの介護職員として働く。2012年、東日本大震災を機に岡山県に移住。認知症ケアに演劇的手法を活用した「老いと演劇のワークショップ」を全国各地で展開。超高齢社会の課題を「演劇」というユニークな切り口でアプローチするその活動は、NHK(Eテレ)『こころの時代』や「文藝春秋」8月号(2017年)等に取り上げられ、近年多方面から注目を集める。これまでの作品に『よみちにひはくれない』、『老人ハイスクール』、『BPSD:ぼくのパパはサムライだから』、『カメラマンの変態』など。現在、OiBokkeShi×三重県文化会館による「介護を楽しむ」「明るく老いる」アートプロジェクトが現在進行中。

    老いと演劇「OiBokkeShi」WEBページ

     

  • 関連企画

    演劇ワークショップ「老いと演劇のワークショップ」

    関連企画として、演劇ワークショップを開催します。

    ワークショップでは、認知症の人と介護者を交互に演じて、言動を否定されたときの認知症の人の気持ちや、認知症の人の言動を受け入れるコミュニケーションを疑似体験します。認知症の中核症状や、問題行動が生じるメカニズムについて、わかりやすく解説します。演劇・介護経験のない方でも気軽に楽しめる内容です。

    開催日 2019年3月2日(土)
    時間 受付開始9:15 / 開始9:30 / 終了予定12:00
    対象

    中学生以上。演劇・介護経験不問。

    参加費

    300円(ワークショップ保険料込)

    ※参加費は2月24日(日)までにひこね市文化プラザにてお支払いください。

    会場 第一リハーサル室
    定員

    30名

    持ち物

    動きやすい服装・靴

     申込方法

    電話・FAX・窓口・郵送にて承ります。

    参加申込書に記入いただき、申込先までお申込みください。

    参加申込書

    以下よりダウンロードください

    参加申込書

     申込期間  11月25日(日)~2019年2月24日(日)
    お問合せ・申込先

    電話:0749-27-5200(9:00~19:00)

    FAX:0749-26-8602

    窓口・郵送:〒522-0055 滋賀県彦根市野瀬町187-4

    注意事項

    ※先着順。定員に達し次第、締切日に関わらず受付を終了します。

    ※18歳未満の方は参加に保護者の同意が必要です。

    ※参加費お支払い後のキャンセルはできませんのでご了承ください。

    ※ワークショップ中に写真撮影が入ります。その写真は記録や広報に使用いたします。

  • 託児サービス

    公演中、入場いただけない小さなお子様向けに託児サービスを実施しております。

    対象 未就学児のお子様(お一人様:1,000円)
    対応時間 開始 13:00/終了 終講の15分後
     申込締切

    2019年2月20日(水)

    お支払い方法

    託児料金は申込締切日までに、以下のいずれかの方法でお支払いください。

    ①窓口にて現金支払い
    ②現金書留
    ③振込
    ※申込締切日後のキャンセルは返金いたしかねますので、予めご了承ください。

    ※②③の支払いの際に発生する各種手数料はお客様ご負担となります。

    当日のお持物

    飲み物(お茶など)、おやつ(お菓子・おにぎり・パン等)、オムツお尻拭きお着替え(1組)、時間帯によってはお弁当

    その他、託児に必要と思われるもの(ミルク、おしゃぶり、安定するお気に入りのおもちゃなど)をすべてのものにご記名の上、お持ちください

    その他

    ・当日、視診して高熱がある場合、伝染病の疑いのあるお子様はお預かりが出来かねますので、予めご了承ください。

    お問合せ・申込先  ひこね市文化プラザチケットセンターTEL:0749-27-5200

お問い合わせ

ひこね市文化プラザチケットセンター
 TEL:0749-27-5200 

ひこね市文化プラザ

 〒522 - 0055 
滋賀県彦根市野瀬町187-4
交通アクセス
 TEL.0749-26-8601 
FAX.0749-26-8602

お問い合わせ